背中ニキビ・ニキビ跡が出来てしまう原因

背中ニキビ・ニキビ跡が出来てしまう原因

背中ニキビ・ニキビ跡が出来てしまう原因

背中にニキビが出来る原因その1

多くの人が思春期になると悩み始めるのが、皮脂の分泌過剰によって発生する「ニキビ」です。ニキビは一般的に皮脂の分泌量が多い顔や頭に出来やすいと言われていますが、実は「背中」にも発生しやすい事で知られています。背中ニキビが出来る原因には幾つか考えられますが、代表的な原因としては「寝汗」が考えられます。寝ている間には大量の汗をかきますが、仰向けで寝ている人はこの寝汗が背中に滞留する事によってニキビが発生するケースも認められています。

また、背中にニキビが発生する別の原因としては衣服に使用する「洗濯洗剤や柔軟剤」が考えられます。通常、背中は衣服を着ているときは常に洋服と触れ合っていますが、衣服を洗う際に使う洗濯洗剤や柔軟剤が肌に合わない場合はニキビが発生してしまうことがあります。

また、シャンプーや整髪料なども背中ニキビが出来る原因と言われており、洗髪後に十分なすすぎが行われなかった場合はシャンプーやトリートメントが背中に付着したままとなってしまいます。このままお風呂から上がってしまうと、身体を拭いてもシャンプーやトリートメントの成分は背中に滞留してしまうので、ニキビを発生させる原因となりかねないのです。

背中にニキビが出来る原因その2

背中ニキビの原因としては、一般的に寝汗や衣服に付着した洗濯洗剤の成分、柔軟剤の成分、十分にすすぎ切れず背中に残ってしまったシャンプーやトリートメントなどが考えられますが、そのほかにも幾つかの原因が挙げられます。たとえば「日焼け」も背中ニキビが発生する原因として十分に考えられます。日焼けをすると皮膚の角質が固くなってしまうため、背中ニキビが発生しやすい環境が整います。また、日々の食生活が乱れる事によって皮脂の分泌が過剰となり、皮脂をエサにしているアクネ菌が増殖して背中ニキビが発生することもあります。食生活で要注意なのはチョコレートやケーキのような糖質を多く含むもの、そしてもち米が原料となっているせんべい類なども背中ニキビを発生させる原因となるので注意が必要です。

また、それ以外には冬場の「乾燥肌」も十分に背中ニキビの原因となり得ます。通常、背中ニキビを発症する人の大半は春から夏場に掛けてニキビに悩みますが、冬場に背中ニキビが出来てしまう人はこの乾燥が原因となっている可能性があります。そして「ストレス」も背中ニキビの原因として挙げられます。ストレスを感じると人の身体は緊張状態となり、血流が悪くなってしまいます。また、男性ホルモンが多く分泌されてしまうので皮脂分泌と重なって背中ニキビが出来やすくなってしまうのです。

背中ニキビが出来てしまったら

背中ニキビが出来てしまったら、まずはその原因を探る事が重要となります。背中ニキビが発生する原因は先に述べたように「複数の要因」が考えられます。そのため、まずはその要因について探っていき、原因を根本から断つことを最優先に考える必要があります。

また、背中の状態を常に清潔に保つだけでもある程度は背中ニキビの予防となるので、意識して背中へのケアを行う事が大切です。

背中ニキビ・ニキビ跡を治すなら、
「背中ニキビ・シミコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●繰り返しできる背中ニキビに悩まされている・・・
  • ●日焼けでできた背中のシミを消したい!
  • ●背中のニキビ跡を消してツルツルハダを手に入れたい!
  • ●背中が開いた洋服を着たい!
  • ●背中の毛や毛穴がひどくて視線が気になる

pagetop

pagetop