キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

「何とかしたい!」背中ニキビが治らない3つの理由と対策

背中にできたニキビがなかなか治らないことにお悩みの方が多いです。
背中は目が届きにくい部分なので、スキンケアを思うようにできないことから、ニキビが悪化してしまうこともあります。

それ以外にも、背中にできたニキビが治りにくいのはさまざまな理由がありますが、大切なのは原因に合わせて適切なケアをすること。
ここでは、背中のニキビが治らない理由と対策についてご紹介します。

1.背中の皮膚が乾燥している

多くの方が、ニキビができる原因は皮膚が脂っぽくなることだと思っていらっしゃいます。しかし、実は皮膚が乾燥することでニキビができやすくなっているのです。

背中は保湿ケアなどのスキンケアが行き届きにくいため、皮膚が乾燥しやすい部位です。
皮膚が乾燥すると、これ以上水分を失わないように皮脂が多く分泌されます。その結果、肌のターンオーバーが乱れたりして、角質が厚く、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなってしまうのです。

このような背中ニキビを予防するなら、背中を清潔に保ちつつ、しっかりと保湿ケアすることが大切です。
入浴後に背中専用の保湿ジェルなどで保湿をすることで、皮膚の乾燥を防ぎましょう。

2.ホルモンバランスの乱れによって、皮脂が過剰に分泌されている

皮脂が過剰に分泌される原因は皮膚の乾燥だけではありません。
原因のもうひとつには、ストレスや睡眠不足などによるホルモンバランスの乱れをあげることができます。
睡眠不足が続いたり、ストレスを感じたりしていると、男性ホルモンの働きが活性化して、皮脂が過剰に分泌されるようになります。

このような背中ニキビは、生活習慣を見直すことが大切です。身体のリズムを整えるためにも、夜更かしをせずに睡眠時間を十分にとるようにしましょう。
しっかりと睡眠をとることで身体を休ませると、ストレスの影響も受けにくくなるでしょう。

3.栄養バランスの乱れ

肉類などの動物性脂肪が多い食事は、皮脂の分泌を促す働きがあるのでニキビができやすくなります。
背中のニキビが気になる場合、まずは、肉類を中心とした食事ではなく、米・魚・豆類・海藻類・野菜などの食品を、バランスよく食べると良いでしょう。

さらに、皮膚の生まれ変わりをサポートする栄養に、ビタミンB群があります。
ビタミンB群を含む卵・納豆・マグロ・胚芽米などの食品をうまく食事に取り入れながら、肌のコンデションを整えると良いでしょう。


何気なく続けている生活習慣が、背中ニキビの原因となります。
生活習慣を改めながら、適切なニキビケアを継続することが大切です。

―2016年9月2日

背中ニキビ・ニキビ跡を治すなら、
「背中ニキビ・シミコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●繰り返しできる背中ニキビに悩まされている・・・
  • ●日焼けでできた背中のシミを消したい!
  • ●背中のニキビ跡を消してツルツルハダを手に入れたい!
  • ●背中が開いた洋服を着たい!
  • ●背中の毛や毛穴がひどくて視線が気になる

pagetop

pagetop