キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

背中ニキビは遺伝する!? 背中ニキビを防ぐ方法とは

気付かないうちに悪化している背中ニキビに悩まされている女性は多いです。

しかし、ニキビケアをしたくても手が届きづらく日常のケアをしにくい点が大変でしょう。
そんな背中ニキビのできやすさは、両親から受け継いだ遺伝である可能性があることをご存じですか?

厄介な背中ニキビを防ぐ方法についてお伝えします。

背中にニキビができやすい理由は?

背中は自分の目から見えにくい部分だけに悪化しやすい箇所だといえます。
背中が空いている服を着た時に、初めてニキビの存在に気づく場合も多いのではないでしょうか?
背中は面積が広く、皮脂の分泌が活発な部分です。

普段は衣類で隠れている部分であるだけに汗をかきやすく、蒸れやすいことも特徴のひとつだといえます。
古くなった皮脂と雑菌が混ざり合い、毛穴に詰まってしまうことで炎症が起きニキビが発生しやすくなります。

背中は、ニキビができやすい要素を多分に含んだ部位であるということを覚えておきましょう。

背中ニキビと遺伝の関係

厄介な背中ニキビと遺伝は、どのように関係しているのでしょうか?
両親の肌質は、その子どもに受け継がれる場合があります。

たとえば、毛穴の数や大きさ、皮脂の分泌量などです。
毛穴が大きく皮脂をためこみにくい肌質であれば皮脂の分泌量が多かったとしてもニキビはできにくいといえますが、その逆に毛穴が小さく皮脂を排出しづらければ毛穴詰まりを起こしやすくニキビができやすいといえます。

また、皮膚の丈夫さや皮膚が新しく生まれ変わるためのターンオーバーの周期も両親から遺伝するといわれています。

しかし、遺伝だからといってあきらめることはありません。
両親ともに背中にニキビができやすい体質であったとしても、適切なニキビケアを行っていれば背中ニキビを防ぐことは可能です。

大切なことは、自分の肌の状況にあったスキンケアを行うことだと考えられます。

手が届かない背中ニキビを防ぐ方法

背中は体が硬い人ほど自分の手が届かない部分です。
柔軟体操を行って背中に手が届くようにしても良いかもしれませんが、限界はあります。

そこでお勧めな方法が、バスタイムを利用したニキビケアです。
毛穴に汚れをためないことが背中ニキビを防ぐために重要ですが、ニキビができている部分をボディタオルやブラシでゴシゴシと洗おうとするとニキビを傷つけてしまい、かえって悪化させる恐れがあります。

シャワーだけでバスタイムを終わらせずにじっくりと湯船に浸かりよく温まることで、血行が促進されて毛穴が開きやすくなります。

それにより手が届かない部分の汚れを落としやすくなります。

さらに、皮脂を分解するために効果的な酵素が含まれた入浴剤を使用するのもより効果的です。
湯船から出た後、たっぷりと泡立てたせっけんの泡で背中を包み込むようにして洗い流すようにしてください。


ただ、肌質だけはケアで変えることはできません。
ホームケアで改善されない背中ニキビには、メディカルエステで肌質に合ったケアをするのもお勧めです。

―2016年7月4日

背中ニキビ・ニキビ跡を治すなら、
「背中ニキビ・シミコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●繰り返しできる背中ニキビに悩まされている・・・
  • ●日焼けでできた背中のシミを消したい!
  • ●背中のニキビ跡を消してツルツルハダを手に入れたい!
  • ●背中が開いた洋服を着たい!
  • ●背中の毛や毛穴がひどくて視線が気になる

pagetop

pagetop