キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

紫外線の影響で背中ニキビが増加する!

夏は紫外線量が増える季節です。
気温が上がると、海辺でのレジャーで背中を露出する機会も増えることでしょう。

また、海辺へ行かなかったとしても、背中のあいたファッションに身を包んでいると、紫外線の影響を受けて背中ニキビが発生してしまう場合があります。

なぜ、紫外線が背中ニキビを増加させるのでしょうか?
紫外線と背中ニキビの関係についてご紹介します。

注意したい日焼けの種類

天気の良い日に野外で活動していると、肌が日焼けをします。
このように紫外線を浴びると、肌の奥でメラニン色素が発生して肌の色を黒く変化させます。

さらに、肌細胞の核を壊して肌の新陳代謝を乱したり、肌の弾力やハリを作っているコラーゲンの生成に影響を与えて、肌を老化させることが分かっています。

肌は充分な水分を蓄えることによって外部の刺激から身を守っているため、紫外線により肌の老化や乾燥が促されると、水分を維持することができなくなってしまいます。

すると、ニキビや吹き出物といった肌荒れが起きやすくなります。

紫外線のなかでも特に注意したいのが、肌を老化させるUVAです。
UVAは、曇りの日でも雲を通過して肌の上に届きます。

また、窓ガラスを透過する特徴があるため、室内にいても日焼け止めの使用が必要となってきます。

背中は紫外線の影響を受けやすい?

山頂や、遮るものがないビーチなどは紫外線の影響を強く受けやすい場所です。
そして、身体のなかでも、頭のてっぺん、顔、肩などは紫外線が直接あたるため、紫外線の影響を受けやすい部位だといえます。

背中は範囲が広いだけでなく自分からは目の届かない部分なので、日焼けを防ぐためには汗や水分で流れた日焼け止めを塗り直すことが大切です。

しかし背中は手が届きにくいため、塗るのを忘れてしまったり、塗り直すことが億劫になってしまいやすい箇所です。
「気付かないうちにたっぷりと日焼けをしてしまった……」という事態に陥りやすいため注意しましょう。

紫外線による背中ニキビを防ぐには

紫外線を浴びた後の肌はどのような状態になっているのでしょうか?
過剰に紫外線を浴びると皮膚の表面にある角質層が固くなり、肌の正常なターンオーバーを乱します。
角質が固く変化すると毛穴詰まりが起きやすくなり、ニキビを発生させる原因となります。

そのため日焼け後は保湿力の高いスキンケアアイテムを使用して、しっかりと保湿ケアを行うことが大切になってきます。


ただ、見えない背中は自分で十分なケアを行いにくく、日焼け後のケアをしっかりと行えていない恐れがあります。
また、背中のニキビ跡などは手で触っただけでは分かりません。

こういったことから、キレイな背中を手に入れるためにはメディカルエステなどで隅々までケアしてもらうのが効率的だといえるでしょう。
人の目につきやすい背中は自分で頑張らずに、プロにケアを任せてみるのもお勧めです。

―2016年7月4日

背中ニキビ・ニキビ跡を治すなら、
「背中ニキビ・シミコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●繰り返しできる背中ニキビに悩まされている・・・
  • ●日焼けでできた背中のシミを消したい!
  • ●背中のニキビ跡を消してツルツルハダを手に入れたい!
  • ●背中が開いた洋服を着たい!
  • ●背中の毛や毛穴がひどくて視線が気になる

pagetop

pagetop