キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

気になる背中のブツブツの3つの原因と改善方法

背中は自分では直接見ることができませんが、ふと鏡越しに見ると背中にブツブツが出来ているという事はありませんか?
背中にたくさん出来物があると、見た目にとても気になります。

ただ背中に出来るブツブツにはいろいろな種類があり、それによって原因も異なります。
今回は、背中のブツブツの原因と改善方法を紹介します。

背中にある出来物がどれに当てはまるか、チェックしてみましょう。

1.背中ニキビ

ニキビは顔だけでなく、背中にも発生します。
背中に出来るニキビの原因はいくつかありますが、主な理由のひとつとして皮脂分泌が活発なことがあげられます。

また、スキンケアが十分でないと肌が乾燥していてしまい、それによりこれ以上水分を逃さないように皮脂が過剰に分泌されている場合もあるのです。

さらに、シャンプーのすすぎ残しやタオルで強く擦ったり拭いたりする、痒みを覚えて引っ掻くなどが原因となり背中ニキビを引き起こしている場合もあります。
普段からスキンケアをしっかりと行って肌を労わるようにしましょう。

2.粉瘤(ふんりゅう)

粉瘤というのは聞きなれない言葉かもしれませんが、皮膚のターンオーバーによって表面に出てきた老廃物が正常に排出されずに、皮膚の内側にたまったものです。
初期症状としては小さいしこりのような出来物からはじまり、悪化すると大きくなっていきます。

皮膚内の老廃物を栄養とし、細菌が増殖すると痛みを伴う炎症を起こす可能性もあります。

3.毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

毛孔性苔癬は毛穴に角質が詰まって盛り上がってしまう症状で、二の腕に出来やすいのが特徴です。
背中にも出来ますが、直接見ることができないため、気づかない人がほとんどです。
同じ部位にまとまって出来るので、ブツブツとした見た目が気になります。

健康上の問題はないので、美容の面で気にする女性が多いです。
毛孔性苔癬の治療法は、サリチル酸などの薬液で角質を溶解するケミカルピーリングが一般的です。

また乾燥すると悪化するので、保湿剤を塗布するということも効果的です。


背中に発生しやすいニキビや出来物などすべてに共通していえることは、清潔に保つことが大切ということ。
皮膚を清潔に保つだけでなく、衣類や寝具など肌に触れるものはすべて清潔にしておきましょう。
また保湿ケアをして乾燥を改善する、定期的にピーリングをして角質ケアを行うなどが効果的です。

ただ自分では手が届きにくい背中はどうしてもケア漏れが起こってしまいがちです。
友人や家族に頼んでやってもらうにしても、毎日毎日では気が引けてしまう方もいるでしょう。
そんな場合は、メディカルエステで背中をしっかりとケアしてもらうのもお勧めです。

プロによる施術ならケア漏れの心配もケアの仕方に不安を覚えることもありません。
ぜひ一度、検討してみてはいかがでしょうか。

―2016年6月15日

背中ニキビ・ニキビ跡を治すなら、
「背中ニキビ・シミコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●繰り返しできる背中ニキビに悩まされている・・・
  • ●日焼けでできた背中のシミを消したい!
  • ●背中のニキビ跡を消してツルツルハダを手に入れたい!
  • ●背中が開いた洋服を着たい!
  • ●背中の毛や毛穴がひどくて視線が気になる

pagetop

pagetop