キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

結婚式までに間に合う! 背中ニキビを早く治す方法

結婚式には綺麗な背中でウェディングドレスを着こなしたいと思う方がおおいでしょう。

しかし、背中ニキビがあるだけで、そんな願いはもろく崩れ去ってしまう恐れがあります。
できるだけ早く治す方法を取り入れて、ドレスが似合う美しい背中を手に入れましょう!

すすぎ残しをゼロにする

背中ニキビを治すためには、正しくスキンケアすることが大切です。
まずは低刺激の石鹸で優しく洗い、ニキビ肌用のローションやジェルで保湿しましょう。

しかしこれらの基本を守っても治りにくい場合、入浴中のすすぎ残しが原因になっている可能性があります。
洗髪時のシャンプーやトリートメントなどが背中に残っていると、ニキビができやすい状態になってしまうのです。

治りにくい背中ニキビに悩んでいる方は、洗髪してから背中を洗うようにし、浴室から出る前にもシャワーで背中をすすぎ、しっかりと石鹸や汗を流すことが大切です。

食事に注意する

私たちの肌のコンディションは、毎日の食事内容にも左右されています。
背中ニキビを治すために気をつけたいのが、糖質と脂質の摂取量です。

これらを摂り過ぎると皮脂が増えて炎症を招きやすくなるため、背中ニキビが治りにくくなってしまいます。
甘いお菓子や脂っこいスナック類は控えめにして、ビタミンやミネラルを豊富に含んだバランスの良い食事を心がけましょう。

また、お餅や海藻類の食べ過ぎも、背中ニキビ悪化につながるので注意が必要です。

ストレスを避ける

結婚式の準備って楽しいけれど、順調に行かないこともあってストレスが溜まりがちです。

しかしそんなストレスも、背中ニキビ悪化の原因になってしまいます。
自律神経の乱れから肌のコンディションが悪くなり、ニキビも治りにくくなってしまうのです。

普段からストレスの解消を心がけて、前向きに楽しく過ごすようにしましょう。

睡眠時間はたっぷりと

睡眠不足は肌のターンオーバーを乱すため、ニキビの治りを遅くしてしまいます。

結婚式の用意で忙しいときでも、睡眠時間だけはしっかりと確保して肌の回復を促しましょう。
入眠後の3時間は肌のターンオーバーが活発に行われる時間です。

この時間に質の良い睡眠をとって、背中だけでなく全身の肌を健康な状態へ導きましょう。

漢方を飲む

習慣や食事を見直しても背中ニキビが治らない場合は、頑固な冷えやホルモンバランスの乱れが原因になっている可能性があります。

そうなると体質の根本的治療が必要となるので、漢方を飲んでみるのも一つの手です。

ただし体質や目的に合った漢方を選ばないと、ニキビ改善にはつながりません。
漢方の専門医や、漢方治療に詳しい医師に診察してもらったうえで飲むようにしましょう。

―2016年3月17日

背中ニキビ・ニキビ跡を治すなら、
「背中ニキビ・シミコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●繰り返しできる背中ニキビに悩まされている・・・
  • ●日焼けでできた背中のシミを消したい!
  • ●背中のニキビ跡を消してツルツルハダを手に入れたい!
  • ●背中が開いた洋服を着たい!
  • ●背中の毛や毛穴がひどくて視線が気になる

pagetop

pagetop