キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

背中にできてしまった「赤ニキビ」の原因と徹底ケア

背中にできてしまう、困った赤ニキビ。洋服にこすれてかゆくなったり、痛くなったり、何かと憂鬱ですよね。
どんなにケアをしてもそのケアが適切でなければ長引いてしまい、どんどん悪化してしまいます。

さらに悪化が続けば、ニキビ跡の原因になってしまうことも。
できるだけ早く治したい背中の赤ニキビの、正しいケア方法をご紹介します!

赤いニキビのメカニズム・原因とは

ニキビには白ニキビや黒ニキビ、そして今回スポットを当てる赤ニキビなどの種類があります。
これらはすべて毛穴の詰まりが原因ですが、中でも一番やっかいなのが赤ニキビです。
なぜなら赤ニキビには、毛穴の詰まりだけでなく「アクネ菌」が関係しているため。
アクネ菌が繁殖しているせいで皮膚が炎症を起こし、治りにくい状態になっているのです。

背中に赤ニキビができた場合は、いつも以上に丁寧な洗浄とケアが必要になります。
では、具体的な治し方を見ていきましょう。

赤い背中ニキビのケア方法

1. アクネ菌を減らす石鹸を使う
赤いニキビができている時は、アクネ菌を減らす石鹸を使いましょう。
しかしこのような石鹸を毎日使うと、肌の状態を健康に保つ常在菌まで殺菌してしまう恐れがあります。
ですので、普段は洗顔にも使えるような無添加の石鹸を使って洗うようにし、週に1~2回アクネ用石鹸を使ってください。

2. きめ細かい泡で丁寧に洗う
どのようなタイプの石鹸を使うときであっても、しっかりと泡立てるようにしてください。
きめ細かい泡ができたら、肌の上で泡を転がすようにして洗います。
決してゴシゴシとこすらないようにしましょう。
炎症がひどい時はタオルなどを使わず、手のひらで洗うことをおすすめします。

3. ニキビ肌専用の化粧品で保湿をする
入浴後は、どんな肌質の方であってもお肌が乾燥しやすくなります。
お肌が乾燥すると毛穴が細く硬くなり、余計に皮脂や角質の詰まりを引き起こしやすくなってしまいます。
ニキビを悪化させないために必ず保湿をしましょう。
保湿には、ニキビ肌専用の化粧水やノンオイルのジェルなどがおすすめ。
できるだけ肌に優しいものを選ぶことが、赤ニキビを早く治すコツです。

4. バランスの良い食事を心がける
脂質や糖質が多い食事をしていると、肌の炎症が起こりやすくなります。
背中ニキビも悪化しやすくなってしまうので、和食中心のバランスの良い食事を心がけましょう。
メインメニューは肉よりも、肌の炎症を抑える効果のある新鮮な青魚がおすすめです。
そしてビタミンCが豊富な野菜や果物を、積極的に食べるようにしましょう。

いかがでしたか?
背中の赤ニキビが治らないと気分まで暗くなってしまいがちですが、落ち込んでいるだけでは肌のためにもよくありませんね。
ご紹介した方法で、ゆっくりと確実に改善を目指しましょう!

―2016年1月5日

背中ニキビ・ニキビ跡を治すなら、
「背中ニキビ・シミコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●繰り返しできる背中ニキビに悩まされている・・・
  • ●日焼けでできた背中のシミを消したい!
  • ●背中のニキビ跡を消してツルツルハダを手に入れたい!
  • ●背中が開いた洋服を着たい!
  • ●背中の毛や毛穴がひどくて視線が気になる

pagetop

pagetop