キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

キレイな背中になりたい! 「背中ニキビ跡」を治す方法

背中にニキビ跡があると、どうしても自信がなくなって露出を控えてしまいますよね。
この赤みやくすみがなかったら、背中の開いたファッションも楽しめるのに……と思っている女性も多いのではないでしょうか。
気になる背中ニキビの跡を薄くして、キレイな背中を取り戻す方法をご紹介しましょう!

背中ニキビ跡の種類・原因とは

ニキビ跡をケアする前に、なぜニキビ跡ができてしまうのか、その原因を知っておきましょう。
ニキビ跡には主に3つの原因があります。

≪赤くなるニキビ跡≫
ニキビに炎症が起こると大量の毛細血管が形成され、赤みが残ってしまいます。
赤みは比較的治りやすく、軽度であれば放置していても改善していきます。
しかし重度だと色素沈着へと発展する恐れもあるので、ケアは忘れないようにしましょう。

≪茶色く、シミのようになるニキビ跡≫
ニキビ跡にできる茶色いシミは、メラニンによる色素沈着です。
ニキビの炎症から肌を守るためにメラニン色素が作られ、それが肌に残った状態になっているのです。
時間はかかりますが、的確なケアをすれば改善することができます。

≪クレーターのような窪みができるニキビ跡≫
ニキビの炎症によって肌が強く傷つくと、クレーターのような窪みのある肌になってしまいます。
セルフケアでは治りにくいため、エステなど、美容のプロによるケアがおすすめです。

背中ニキビ跡を治す方法

≪1.ピーリングを行う≫
ピーリングとは、お肌から不要な角質を取り除いてメラニン色素を排出しやすい状態にする方法です。
肌の代謝を促進させる効果もあるので、赤みや凹凸の改善にもつながります。

自宅でピーリングをする場合は、市販のピーリング剤を使用しましょう。
ピーリングをしたことがない方、慣れていない方には石鹸タイプがおすすめです。
ボディソープの代わりにピーリング石鹸で背中を洗うことで、簡単にニキビ跡ケアができます。
しかしピーリングの効果は控えめなので、完全に消えるまでは少し時間がかかるでしょう。

メディカルエステでピーリングをする場合は、フルーツ酸が配合されたピーリングジェルを肌に塗り、不要な角質を取り除きます。
比較的早く効果が現れるため、一刻も早くニキビ跡を改善したい人におすすめです。

≪2.十分な保湿をする≫
ピーリング後のお肌はいつも以上に乾燥しやすい状態になっているため、必ず十分に保湿をしましょう。
化粧水であればスプレーできるボトルに入れて、背中全体に吹きかけましょう。
徐々にニキビ跡が改善され、自信の持てる背中へと変わっていきますよ。
なお、ピーリングをしていない時でも、入浴後は乾燥しやすいので保湿を心がけてください。

ニキビ跡のないキレイな背中は、一朝一夕では手に入りません。
しかし、地道にしっかりとケアすれば、十分お肌は応えてくれるでしょう。
正しいニキビ跡ケアで、自身の持てる背中を取り戻しましょうね!

―2016年1月5日

背中ニキビ・ニキビ跡を治すなら、
「背中ニキビ・シミコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●繰り返しできる背中ニキビに悩まされている・・・
  • ●日焼けでできた背中のシミを消したい!
  • ●背中のニキビ跡を消してツルツルハダを手に入れたい!
  • ●背中が開いた洋服を着たい!
  • ●背中の毛や毛穴がひどくて視線が気になる

pagetop

pagetop