キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

髪が長いことも影響? 女性の背中ニキビの原因とは

一度できると治りにくい、背中ニキビ。
女性は背中を露出することも多いだけに、できるだけニキビができる前に食い止めたいです。
そこで、背中ニキビができる原因を9つまとめてご紹介します!

1.洗浄不足

背中は比較的、皮脂量が多い部分です。
そのため、洗浄が不足していると皮脂の酸化や毛穴の詰まりによって、ニキビができてしまいます。

不衛生にしていると菌も繁殖しやすいので、清潔に保つことを心がけましょう。

2.乾燥

乾燥はバリア機能の低下を招き、ニキビができる原因となります。
つまり、洗わなすぎるのもNGですが、洗いすぎるのも乾燥を招くためにNGなのです。

適度な洗浄と保湿を心がけましょう。

3.シャンプーやトリートメント

シャンプーやトリートメントには毛穴を詰まらせる油分や、肌に刺激を与える界面活性剤が含まれています。
これらが背中の肌に残ると、ニキビができる原因となってしまいます。
防ぐためには、洗髪が終わった後に体を洗うことが大切です。

4.髪の刺激

髪が長いと、どうしても髪が背中に触れてしまいます。
その結果、髪に使ったスタイリング剤が毛穴の詰まりを招いたり、毛先が刺激となって肌を傷つけてしまいます。
服で髪をさえぎるか、露出する時はアップヘアにして、背中と髪の接触を防ぎましょう。
また、髪が長い方は、洗髪後にクリップなどまとめて、髪が背中につかないように気をつけましょう。

5.寝汗

寝ている時は、意外なほど多くの汗をかきます。
汗は肌のpH値を乱し、ニキビができやすい環境にさせてしまいます。
日頃から汗を吸収してくれるインナーを着用し、寝汗をかいた後は優しく拭きとるか、シャワーを浴びしましょう。

6.紫外線

紫外線は肌のバリア機能を低下させ、ニキビなどの炎症を引き起こします。
背中の露出を控えたり、日傘を差すなどして、紫外線が当たらないように工夫しましょう。
日焼け止めも有効ですが、毛穴を詰まらせる恐れがあるので、きちんと落としてください。

7.偏った食事

ニキビを作らせない、悪化させないためにはビタミン類が欠かせません。
ビタミンA、B群、C、Eをバランスよく摂取できる和食中心の食事を心がけましょう。
また、もち米はニキビの原因となる恐れがあるので、和菓子やせんべいなどを食べ過ぎないようにしましょう。

8.睡眠不足

睡眠が不足すると、肌のターンオーバーが乱れてキメが荒れやすくなります。
日頃から夜更かしは避けて、十分な睡眠を心がけましょう。
午後10時から午前2時のゴールデンタイムに眠っていると、より美しい肌を維持できます。

9.ストレス

過剰なストレスを受けると、自律神経が乱れてホルモンバランスに悪影響を与えます。
男性ホルモンが優位になって皮脂分泌が過剰になり、ニキビにつながる恐れがあるのです。
ストレスの原因をできるだけ回避すること、自分なりのストレス発散方法を見つけておくことが大切です。

キレイな髪が自慢の女性も多いです。ぜひ、キレイな髪と背中をキープしてください。

■「背中ニキビ・シミコース」ならボディ専用ピーリング剤を使用し、背中ニキビに終止符!
https://www.ci-z.com/solutions/bodyback/recommended.html

―2015年11月12日

背中ニキビ・ニキビ跡を治すなら、
「背中ニキビ・シミコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●繰り返しできる背中ニキビに悩まされている・・・
  • ●日焼けでできた背中のシミを消したい!
  • ●背中のニキビ跡を消してツルツルハダを手に入れたい!
  • ●背中が開いた洋服を着たい!
  • ●背中の毛や毛穴がひどくて視線が気になる

pagetop

pagetop